skip to Main Content

070 : 『 終わりの時こそ、注意して聖書を良く読んで、全てのことを吟味していきましょう。』

 周りの状況を見渡す時に、いよいよ、
主の訪れの時が近づいているのを感じているのは、私だけではないと思います。
しかし、主の再臨の時に、偽教師、偽使徒、偽キリストまで現れると聖書に書かれています。

 多くの幻、多くの夢を見て、語る者も多く現れると思います。
主が見せて下さったものも、あるでしょう。
しかし、サタンから、惑わす為に見せられているものもあることを忘れてはいけないのです。

 私たちが騙されない、惑わされない為には、地獄とか天国とか行ってきた人のリアルな話を聞いて天国は本当にあるとか、地獄が本当にあるとか、神の裁きが死後にある、ということを他人が見た夢・幻で信じるのではなく、ルカ16:27~31にあるように、生き返った人の話とか、夢、幻で判断するのではなく、:29にあるように聖書に聞くべきなのです。

 聖書が地獄とか天国とかあると書いてあるならあるのです。
神の裁きが死後にあると書いてあるなら、あるのです。
主イエスキリストを信じているのなら、
救われる(ローマ10:9,10)と書いてあるので、必ず天国に行けるのです。

 終わりの時こそ、注意して聖書を良く読んで、
全てのことを吟味していきましょう。ルカ16:31
Ⅰコリント14:29  神の言葉で吟味していきましょう

では、シャローム。

Read more

069 : 『 すべての解決を信じて今日も元気で!』

使徒12:1〜11には、
:4 16名の兵士に監視され
:2 のように殺される為に捕らえられているペテロが書かれています。
しかも、
:6 2本の鎖で手がつながれ2人の兵士の間に置かれ、
しかも、戸口には兵士たちが監視する中で、寝ているペテロがいたのです。 

 あなたは、殺される前夜に眠って居られるでしょうか?
しかし、ペテロはぐっすりと眠っているのです。
:10 には鉄の扉がある完全体制であったのです。

 あなたの周りに問題はありますか?
経済的問題、家族の問題、会社、事業の人間関係の問題、信仰的な問題がありますか?
ペテロは鎖から、管理体制から、牢獄から逃れようとしていません。
自分の死からも、逃れようとしていません。
もがき苦しんでいるのではなく、眠っているのです。しかも、ぐっすりと。
何故、ペテロはそんなに平安でいられるのでしょうか?

 :7 天使が突然現れました。
ヘブル1:14では天使は仕える霊だとありますが、
ペテロに服を着せてくれませんでした。
天使は自分で出来ることは自分でして下さいと願っているのです。
ペテロは帯を締める、靴をはく、上着を着ることを自分でしましたが、
それ以上のことをペテロは自分でしていたのです。
それは、信仰を使っていたのです。信仰とは何でしょう?
ヘブル11:1 まだ、現実になっていないことを確信することとあります。

 ペテロは今の現状を見ていませんでした。
彼はローマ10:9,10の約束による永遠のいのちと
天国での永遠の豊かの生活だけを見ていたのです。
どんなにがんばっても、120歳以上生きれないこの世の生活、
いのちも見ていない、しかも、今、目の前の手錠も兵士の管理体制も見ていません。
目の前の問題は彼を縛っていなかったのです。
だから、鎖は、鉄の扉は自動的に解かれ、開くのです。

 ペテロもあなたも、まだ、神の計画があります、まだ、死ぬ時ではないのです。
目の前の問題に捉えられるときでもありません。
マルコ11:23、24の信仰の原則に従って生きましょう。

 時が来ると鎖は、鉄の扉は自動的に解かれ、開くのです。
�コリント10:13 鎖は、鉄の扉は自動的に解かれ、開くのです
ヘブル29:11   災いはあなたを捕らえることは出来ません。
全て解決するのです。

 :11
ペテロは言いました。「すべての災いから救い出してくださった。」
すべての解決を信じて今日も元気で!!!

 では次回をお楽しみに・・

 本年の特別な守りと祝福を主イエスの御名でお祈り致します。

 では、シャローム。

Read more

068 : 『 神は私達の信仰の告白を待っています。』

あけましておめでとうございます。2005年最初のアクセス感謝致します。

 長らく、HPの記載が出来なくてごめんなさい。
何度もアクセスさせて、失礼致しました。

 さて、今日は新年を迎えて、私に与えられた御言葉からお話したいと思いますが、
聖霊様が導いてくださるように信じます。

 黙示録22:12 見よ。わたしはすぐに来る。
わたしはそれぞれのわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。
イエス様の再臨が大変、近づいたことを強く、示されています。
イエスはどのように再臨されるかは
黙示録1:7にあるように雲に乗って来られるとあります。

 イエス様の再臨は、信じている者には報いを受ける時であり、信じていない者には裁きの時となります。
黙示録1:7では、信じていない者は嘆く時なのです。
何故なら、救いの恵みの時が終わり、裁きが始まるからです。

�コリント6:2 の救いの日が終わり、サタンの死が現実となる日なのです。
神はサタンに騙された人間を何とか救おうと
イエス様の身代わりによって救いの道を創られました。�コリント5:21
人間を何とか救おうと、裁きの日を、
忍耐を持って遅らせていました。�ペテロ3:9
しかし、イエス様による身代わりの救いを
受け入れない者には救いはないのです。 ヨハネ16:9
イエス様の再臨は黙示録12:9、10のサタンへの裁きの現実をもたらすのです。

 しかし、イエス様の再臨にはある条件が必要です。
エペソ5:26、27では教会がしみ、しわがなく、
聖く傷のない栄光の教会になっていなければならいとあるのです。
どのようにそのような教会になれるのでしょうか?
わたしたちが律法的にそれをするのでなく、
同じ箇所にあるように :27 キリストご自身が教会を完成するとあります。

 私達は神にどのようにして近づくのでしょうか?
ヘブル10:37,38では自分の正しさではなく、
キリストが完成して下さったと信仰で神に近づくのです、とあります。

 神は私達の信仰の告白を待っています。
現実的には整っていないことが一杯あっても、
キリストの身代わりで整った、完成されたと告白する時、
イエス様の再臨を実現するのです。ヘブル10:39

 マルコ10:24〜27  :27
人には出来ないが、神には出来ると信じるのです。
マルコ11:23,24

 では次回をお楽しみに・・

 本年の特別な守りと祝福を主イエスの御名でお祈り致します。

Read more

069 : 『 リバイバルを求める者は集まれ!!』

 いよいよ、京都リバイバルクルセードが近づきました。
きっとすばらしいことを主がして下さると信じます。

 午前は未信者向けですので、多くの救われるべき方をお連れ下さい。
また、永藤先生はいやしの賜物が働きますので、多くの瞬間的ないやしが起きます。
主に期待してください。

 午後は信者向けで、油そそぎの教えをします。
今までお聞きしたことのない教師の教えです。
大変重要な教えです。
あなたの油そそぎの考え方が変えられると思います。

 聖会では、一人一人に油そそぎを致します。
協力教会の先生にもして頂きますので、物凄いスーパークリスチャンが多く誕生すると確信いたします。

Read more

067 : 『 私たちは明るい未来を信じて進むのです。』

あなたはお元気ですか?
活力に満ちて生活しておられますか?
悩みなく生活されていますか?

 過去と現在の状況だけを見ている人は、希望を持って未来を見ていないので色々な状況・環境にとらわれ、いつまでもこの出来事が続くかのように思え出口が見つからなくて悩んでしまう、という状況に陥ることがあります。

 マルコ11:23では、それらの環境・問題にイエスの名で命令すれば、動くとあります。
問題が目の前から移動することを希望し、
信じて告白するならば変化が起きる、という力をクリスチャンは持っているのです。

 ヤコブ4:7では、立ち向かえば問題は逃げていく、
問題から逃避をしないで、神が味方なのですから誰があなたに敵対できるでしょうか?

 不可能のない神、天地万物を創られた神が居られるのですから、
絶対に解決すると信じて立ち向かっていきましょう。
あなたに耐えられないような試練を神は絶対に許可されません。

 私たちは明るい未来を信じて進むのです。

 では次回をお楽しみに・・

 主イエスの特別な守りと祝福をお祈り致します。

 では、シャローム。

Read more

068 : 『 聖書には何が書いてあるかを簡単に見てみましょう。』

 今日は聖書には何が書いてあるかを簡単に見てみましょう。

 書かれた目的は  あなたが救われるためとあります。    ヨハネ20:31

 旧約の世界では  
人間が正しく生きることの難しさ   

 ヤコブ2:10~11 
律法をすべて守らなければならない
ローマ3:20

 新約の世界では
キリストの身代わりによる恵み
新しい人としての歩みを神が味方となって導いてくれる
マタイ9:10~13   罪人を救うために来た

罪とはアダムの罪であり、ローマ5:17
イエスさまの身代わりによって解決されていることを
信じることによって人間が救われる。

新約の罪とは、信じないことが罪 ヨハネ16:9

永遠の救いを受取りましょう ヘブル9:12

では、シャローム。

Read more

066 : 『 癌の癒しの証』

今回は、ガンのいやしの証をどうぞ、お読み下さい。
 
 ”癌のいやし”

 主人、長瀬数二(64歳)は、2002年3月14,15日、
一泊の人間ドックを受け、大腸癌と腎結石を指摘されました。
(娘の結婚式を控えておりましたので)1日も早い手術をと、
T病院に3月25日〜4月9日まで入院し、ここで大腸ポリープを内視鏡切除しました。
そこで胃癌もあること、三分の二を切除すること、大腸ポリープも取りきれないため開腹手術しなければいけないことを言われましたが、同意せず4月9日退院しました。

 胃の方は1日も早く手術しないといけないといわれ、ドックを受けた病院で、内視鏡手術をしましたが、取りきれず、前病院と同じように、「回復手術で切除しなければ死ぬ。」と10回もいわれました。

 電話でのいやしの祈りを受けた後、6月1日、娘の結婚式を済ませ、どこか良い病院で腹腔鏡下手術(開腹でなく、小さな穴を開け、そこから悪い部分を切除)をと、娘がインターネットで調べ、S病院にお願いし、2002年9月2日に入院検査しました。

 ところが、担当の先生5人が当たってくださったのですが、どこにも何もない、とのことでした。
そして9月18日、トップに立ってくださった先生が、
「気味が悪い、説明のしようがない。」とのことで退院しました。

 その後、三ヵ月毎に検査しても、どこも何もない、また、腎結石もなくなっているという状態です。
現在も変わりなく仕事に励んでおります。主イエスの御名を賛美致します。

 ヤコブ4:2 あなたがたのものにならないのは、あなたがたが求めないからです。

Read more

067 : 『 二つの「義」について。』

 信仰生活をするうえで、どうしても理解しないでは信仰生活が進まないもの、
信仰が成長できないものがあります。

 ヘブル5:11~14では、信仰は年数に比例しない。
あるものを理解するまで、ミルクを必要とする幼子であると言っています。
それは、:13の、義の教えです。

 聖書には2種類の義があると書いてあります。
ピリピ3:4~9  
:6律法による義については非難されるところのない者であった。
とパウロは言っていますが、

:8それはちりあくたで役立たずのものだと言っているのです。 
一生懸命自分の義で神に近づこうとしても、神の義に比べれば、
自分の義の足りなさを覚える、それが律法による義つまり、行ないよる義。

 もう一つは、
:9にあるキリストを信じる信仰による義-神から与えられる義。
つまりプレゼントされた神の義です。ローマ5:17では、義の賜物とあります。

 賜物とはgiftであり、戴き物なのです。
私たちは神の性質である義を受け取っている-
神の子である地位を受け取っていることをパウロは発見させられたと欽定訳では書いてあります。

 つまり、私たちが義を行なえなかったとき神の子としての地位を失うのではない者となった。
キリストの身代わりによってローマ8:1 決して義を失わないので罪に決して定められない者となった。
これは、神の義をもらっているからです。

 ロ-マ1:17 では、私たちは福音の知らせを聞いたのですが、その福音の中には自分の努力による義が啓示されているのではなく、神の義が啓示されていると書いてあるのです。
またその神の義が信仰を進ませると言っているのです。

 クリスチャンらしいことができないから苦しんでいる人はいますか?
私は牧師らしいこともできない自分があります。
:17では、神の義をもらった人は信仰によって生きると言っているのです。

 信仰はヘブル11:1で、
まだ、現実になっていないことを信じることと言っています。
「私は神の義をもらっているから、私は整っていない所があっても、神に受け入られている。
だから、私の祈りは天に届いている。
私は聖霊によって牧師らしいことが、クリスチャンらしいことができる人に変えられたと信じます。」と
確信をもって言えるのです。

Read more

065 : 『 何故、祈る時に過去形で祈るのでしょうか?』

現在、京都でリバイバルに協力してくださる教会と取り組んでいます。

 京都で、スタッフが通いやすく、無料で貸してくださる所を祈っています。
そして此処が日本リバイバルの基地となると信じます。どうぞ、お祈り下さい。
 
 さて、マルコ11:24では何故、祈る時に過去形で祈るのか? 
「・・・なったと信じなさい。」 祈った時、まだ、手に入れておらず、持っていません。だから、「信じます。」というのですが、でも、何故、過去形で信じなければならないのか?

 私たちは、聖書を読む時、不思議なことに、これから起こることが、
黙示録の中で既に、神様は見ておられる、知っておられる。
また、その表現は過去形で書かれているのです。
 
 ある有名な先生がこのような表現をしておられました。
「一度、神が完成された絵をパズルにして壊して、今、現実の世界でパズルをハメ直している。」
私たちには、未来のことなのですが、それは、既に終わっていた事というのです。
 
 すばらしい、御言葉を紹介いたします。

 伝道者の書3:15です。「今あることは、すでにあったこと。
これからあることも、すでにあったこと。・・・」
欽定訳では「・・・」は、「神は過去のことを要求する。」とあります。

 ヘブル4:3「————みわざは、創世の初めから、もう終わっているのです。」
みなさん、�ペテロ2:24も、イエス様が来られる前の
イザヤ53:4,5も過去形で書かれています。
祈りは「・・・して下さい」でなく、「・・・になった。」と信じていきましょう。

 あなたの人生に主は既に、先々に手回し、
成功するように定めています。エペソ2:10

 では次回をお楽しみに・・・
主イエスの特別な守りと祝福をお祈り致します。

 では、シャローム。

Read more

066 : 『 聖霊のリバイバルを迎える時。』

 先回、聖霊様は、ヨハネ3:8 
口語約で、自分の好む所に吹くとありますので、私たちは、
待っているのではなく、来てくれるようにすればよろしい、というお話をしました。

 具体的には何を準備したらよいのでしょうか?

 再度、聖霊様が好まれるものを、確認をしてみましょう。
ヨハネ14:16の「もうひとりの」はギリシャ語ではアロスと言います。
これは、「まったく同じの」という意味ですから、
イエス様が好まれるものと同じになります。
詳しくはここでは述べませんが、イエス様と天の父は、同じ好みですから、
神の望まれるものと同じとなります。

 神は愛ですから、私たちは愛し合う時、一致している時、赦し合う時、
栄光を主に返す時等の条件を満たす時、
聖霊のリバイバルの時を迎えるのではないでしょうか?

 リバイバルをさらに、進めるための聖会案内です。

Read more

064 : 『 あなたを新しい人に変えて下さるイエスキリストを心に迎え入れましょう。』

8月5日(木)午後2時から京都で未信者対象の伝道聖会を主の導きで開催しました。
多くの方が近くの教会につながりました。
京都で毎月第一木曜日14時から聖会を開いています。
あなたのお越しをお待ちしていますので、どうぞいらして下さい。

 さて、あなたは人生をやり直すことができたら、もう一度、
あの時に戻って、違った人生の選択ができたら、と思ったことはありませんか?

 聖書�コリント5:17 だれでも、キリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

 失敗する人から、成功する人に、 罪責感から解放され、赦された人へ、恐れる人から、自信あふれる人に、 死の恐怖から解放され、神のもとに行ける確信あふれた人になりたい方は、あなたを新しい人に変えて下さるイエスキリストを心に迎え入れましょう。

 私は小学校2年生の時、成績がオール2で自分に自信がなく、自分の成功をあきらめていました。
それは、絶対に無理、ありえないことと思えました。

 1979年、学生の時、神の声を直接聞き、神が存在することを知ったのです。
それから、聖書を読み始めました。
私の罪、失敗感、恐れ、恐怖を取り去るために、神の子キリストが身代わりとなり死んでくださったことを知って、神に愛されている、赦されている、神に受け入れられている自分を知りました。

 そして、神はあなたにも、私に言われた同じことをあなたに言われるのです。

 私は私を強くしてくださる方によって、
どんな事でもできるのです。ピリピ4:13
イザヤ54:10 たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、わたしの平和の契約は動かない。
とあなたをあわれむ主は仰せられる。

 赦された人へ、成功する人に、自信あふれる人になりたい方は、
「神の救いの知らせ」 をクリックしてください。

 では次回をお楽しみに・・

 主イエスの特別な守りと祝福をお祈り致します。

 では、シャローム

Read more

065 : 『 主は日本に何を求めておられるか、何を喜ばれるのかを思いながら、進んでいきましょう。8/28(土)聖会のご案内もあります。』

 リバイバルはどのように遣って来るのか、楽しみな時代に生きて感謝し、
わくわくする毎日をお過ごしですか?

 さて、ガテマラリバイバルの証と
日本リバイバルの準備を恵那レーマミニストリーでは企画しています。
真剣に求める方、先着50名とともに
日本のリバイバルを祈っていきたいと思っています。

 ゼカリヤ10:1 後の雨を求めなさいとあるので、
ともに求めていきたいと思います。
ヨハネ3:8 口語約では自分の好む所に吹くとありますので、
私たちは待っているのではなく、来てくれるようにすればよいのです。

 例えは、肉の好きな人にラーメンを用意しても真っ先に来て貰えない。
肉の好きな人に肉を用意すれば、来て下さる。
聖霊様が喜ばれる、一致、愛、栄光を主に返す等、自分が恵まれること、
自分の教会だけが祝福されることを優先に考えなくて、
主は日本に何を求めておられるか、何を喜ばれるのかを思いながら、
進んでいきましょう。

Read more
Back To Top